テレワークのメリット

 新型コロナウィルスの流行を受けて、テレワークという働き方が随分と社会に浸透しました。テレワークの良さは、「時間を最大限有効に使えること」と「働き方の幅が広がること」の二点に集約されているのではないでしょうか。  まず、「時間を最大限有効に使えること」に関しての最大のポイントは、出社する必要がなくなったために、通勤時間がなくなったという点です。今まで、通勤に悩まされてきた社会人は多いでしょう。都市部では満員電車のストレス、地方では通勤ラッシュと呼ばれる交通渋滞のストレスが出勤する人々に重くのしかかります。しかし、テレワークという働き方が浸透することによって、満員電車も交通渋滞も回避することが可能になるのです。仕事においても、プライベートにおいても生産性が低かったであろう通勤時間がなくなることで、仕事にしろ、プライベートにしろ、より生産性の高い活動に時間を充てることができるようになります。また、通勤時間以外にも、打ち合わせや訪問活動など、わざわざ場所を移動する必要があったものに関しても、移動が減ることによって、格段に無駄が省かれ、日程調整も容易になったのではないでしょうか。  次に、「働き方の幅が広がること」に関しての最大のポイントは、働く場所を選ばないという点です。最低限の設備、例えば、ノートパソコン、スマートフォン、インターネット通信環境が揃っていれば、日が照りつけるビーチでも、温泉宿の一室でも仕事をすることが可能になりました。このことにより、より自分の好きなライフスタイルを選択しつつ、仕事も続けることが出来ます。このような働き方を推奨する自治体や施設も随分と増えてきました。都市部は、確かに仕事の種類、規模は大きいかもしれませんが、都市部に住んでいなくとも、ほとんど同じ内容の仕事に従事することが可能であるならば、多くの人間はもっと自然豊かな場所で暮らしたいと思い、実行に移すのではないでしょうか。実際、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、都市部に住んでいる若者の地方移住希望者が増えているという噂も耳にします。都市部にも都市部の魅力、良さはありますが、消去法的に居住地を定めるのではなく、選択できるということが大きなメリットになると感じます。  今後、人々は、今までよりも自分という存在と向き合って、何がしたいのか、自分自身の声をよく聞きながら人生を設計していくことが可能になるでしょうし、そうしていく必要性が出てくるのではないかと予想されます。